邓小平访问日本,中欧青年交流年,中日青年交流中心,中国青年交流中心,日本青年,青年日本之歌,日本青年平均身高,青年教师经验交流,给日本青年的一封信,桂林东京国际日语培训中心

  • 来源:本站
  • 发布时间:2019-07-29
  • 154已阅读
您现在的位置:首页 >> 当代文学 >> 文章
简介 8日間の訪日期間中、鄧小平氏は時間を作り、新日鉄日産松下の3社を見学した。 新幹線で東京から関西方面に向かう途中、感想を聞かれた鄧氏は、「速い。 とても速い。 後ろからムチで

邓小平访问日本,中欧青年交流年,中日青年交流中心,中国青年交流中心,日本青年,青年日本之歌,日本青年平均身高,青年教师经验交流,给日本青年的一封信,桂林东京国际日语培训中心

8日間の訪日期間中、鄧小平氏は時間を作り、新日鉄日産松下の3社を見学した。

新幹線で東京から関西方面に向かう途中、感想を聞かれた鄧氏は、「速い。 とても速い。

後ろからムチで打っているような速さだ。 これこそ我々が求めている速さだ」「我々は駆け出す必要に迫られている」「今回の訪日で近代化とは何かがわかった」と語った。 新日鉄の君津製鉄所を見学した鄧小平氏は、工場の設備や技術について詳しくたずね、日本の進んだ生産と管理の経験をそこで研修する中国人労働者に紹介してほしいとの希望を口にした。

同じように進んだ工場を中国にも建てたいという鄧氏の決意を示すものとなった。 この決意こそ、その後の上海宝鋼での中日協力実現を促した。 松下電器への訪問時、電子レンジなどの新製品の展示室を鄧小平氏が見学した際にも印象的な一幕があった。

松下の案内員が電子レンジの機能を説明するため、一皿のシューマイを加熱して鄧氏に見せた。

鄧氏は突然、シューマイをつまんで口に放り込み、「なかなかおいしい」と感想を述べたのだ。

松下の従業員らもこれには驚き、何でも試してみるという鄧氏の精神を称賛した。 鄧小平氏の訪日後、中国には「日本ブーム」が沸き起こった。 多くの視察団が日本に赴き、多くの日本人の専門家や研究者が中国に招かれた。

中日政府のメンバーによる会議も相次いで行われた。

官民の各分野各レベルの交流は日増しに活発となり、経済貿易技術での両国の協力は急速に発展した。